feature たかしま農園の昼メシ!!

たかしま農園に、昼が来た!有名なあの番組みたいな入り方・・・なのは気のせいです。
農園の昼、今回は若手スタッフの大町くんの昼に密着します。
※メロンの収穫最盛期に取材したものです

大町航平さん
大町航平さん。たかしま農園4年目の25歳。趣味はドライブ!車に乗るのが大好き。小学校から高校まで剣道をしていたこともあって、好きな言葉は「初心」だそう。

大町さん、今日はよろしくお願いします。

大町:

よろしくお願いします。早速ですがお腹すきました!

メロンの出荷もピークを迎えていますね。夏のハウスは暑くて大変そうです。

大町:

そうなんです。トマトよりも果実の数は少ないのですが、暑いです。

お昼にもスタミナが必要ですね。今日の大町さんの昼メシはなんでしょうか?

大町:

普段は家に帰って食べることも多いのですが、せっかくの昼メシ取材、うちの商品をしっかり宣伝できるお昼メニューをここで食べることになりました。

いま、設定の全てがオープンになりました。

大町:

農園長にもしっかりPRするように言われてますんで!

大町:

今日の昼メシなんですが・・・今日は炊飯器を吉田さん(たかしま農園のPRを担当)に持ってきてもらい、事務所で炊いてもらいました。

吉田法史さん
吉田法史さん。勤務地は崎永海運海運部。たかしま農園のPRやデザイン管理にも携わっており、たかしまには1週間に1回ほどのペースで通勤。お昼はコンビニ弁当が多いそう。会社の広報ムービー「ウェザーウォーズ」では、金色のお掃除ロボットという重要なキャラクターを務められています。偶然にも、ラストカットでは炊飯器を持っているロボット。炊飯器との縁を感じずにいられません。

吉田さん、大町さんの今日の昼メシをめちゃくちゃサポートされていますね。

大町:

はい。これもPRのためです。炊飯器は、わざわざ本社から持ってきていただきました。

笑。ご飯も炊きたてみたいですね!ところで、今日の昼メシはなんですか?

大町:

これからご飯をお皿に盛るのですが、それですぐにバレると思います。

この皿、この盛り方、もしかして・・・カレーですか?

大町:

はい。たかしま農園の「大人のトマトカレー」が今日のお昼です。完全に会社のバックアップを受けた昼メシです。

大町さんは、過去に「大人のトマトカレー」をお昼に食べたことはありますか?

大町:

正直に言うと、いつもは、お昼は家に帰ってさっと済ませることが多いんです。カレーを食べるのは休みの日です。

トマトのシーズンには、トマトをお昼に食べまくることがあります。どうしても販売できないサイズや形のものが出てくるので、それをいただいています。

たかしまフルーティトマトを食べまくるなんて、贅沢ですね。

大町:

はい。トマトの食べ過ぎで太ったこともありました。

相当な量を食べられたんですね。

大町:

こちらが、そのトマトをたっぷりと40%使用した「大人のトマトカレー」です。トマトカレーというと可愛いイメージがありますが、大人向けのスパイシーな味でおなじみです。

カレーの開発については、以前こちらのインタビューで皆さんがお話になっていました。試作と試食を繰り返して、40%の割合が導き出されたそうですね。

大町:

40%と聞いた時、多いなと思いました。そして、そんなにもトマトの割合が多いのにスパイシーに仕上がったことに驚きました。元が高糖度トマトなので、甘いイメージがありましたから。

発売から数年が経ちましたが、カレーの評判はいかがでしょうか。

大町:

本格的なスパイス感と、レトルトに思えないさらっとした食感が好評です。

スパイシー&サラサラの組み合わせは、カレーマニアの方にもウケそうですね。

大町:

トマトは4ヶ月しか出荷できないので、カレーとして1年中楽しんでもらえるのが嬉しいです。
それに、私たち現場にとっても嬉しいんです。

どういうことですか?

大町:

最盛期には、出荷できる量を超えるトマトが収穫される日もあります。せっかく育てたトマトの売り先がないのがとても残念だったのですが、カレーに加工することで、「もったいない」が解消しました。トマトが活きることが嬉しいです。とれたての鮮度で冷凍し、カレーに加工しています。

とれたての鮮度そのままに冷凍するんですね。

いただきます!

大町:

「大人のトマトカレー」をタッパーに入れて、レンジでチンしまして・・・・

大町:

今日の昼メシ「たかしま農園の大人のトマトカレー」の出来上がりです。
早速、いただきます!

大町:

いつ食べても、スパイシーでコクがあります。トマトの酸味も効いてます。
そして夏のカレーは元気が出ます。午後の仕事も頑張れそうです。

今日はそのまま温めたカレーをかけて食べていらっしゃいますが、大町さんが「大人のトマトカレー」にトッピングするとしたらどんな具材ですか?

大町:

ウインナーです。

ウインナーがお好きなんですか?

大町:

いえ。ウインナーが大好物というわけではないのですが(笑)、大人のトマトカレーに合わせると美味しさの相乗効果があると思います。

お客様の声にもありますが、レトルトとは思えない食感なんです。お店のサラサラカレーみたいなんです。トマトと玉ねぎのシンプルなレシピなので、ヘルシー志向の方にもオススメできますし、トッピングで個性が出せます。

お昼のカレーってすすみますよね!大町さんも秒で食べ終わりました。

デザートタイム。

吉田:

そういえば、今日はデザートもPRしてほしいと農園長たちが言っていました。

この時期にデザートといえば、もちろん、あれですね!

大町:

ありがとうございます!こくあまメロン、いただきました!

メロン付きで、贅沢な昼メシですね。

大町:

会社のバックアップがあるからこその、夢の食べ方をしたいと思います。

二つに切って、それだけでいただきます!

ジューシーで甘いです。美味しくて笑ってしまいます。

誰もが一度は夢見る食べ方。それも、メロンで。いいですね。

大町:

はい、今回の昼メシ企画に選ばれて良かったです。

吉田:

大町くん、いいね、その食べ方。

大町:

すみません、美味しいです。

吉田:

結構、糖度も高い、贈答にもオススメの玉だね。

大町:

・・・

大町:

吉田さん、食べないんですか?
そして、どうしてトマトを抱えてるんですか?

吉田:

後で食べるから、大丈夫。トマトクッションは、そこに置いてあったから・・・。

大町:

吉田さんが気になってメロンに集中できません。

吉田:

気にせずにデザートを楽しんでください。

そうだ、メロンばっかり目立つものもトマトに申し訳ないから、このクッション抱えながら食べてみたらどうだろう。

大町:

大丈夫ですか?何をPRしてるのか、ぼやけなければいいのですが。

大丈夫です、トマトとメロン、両方PRできてます!

大町:

たかしま農園は「なんでも甘く濃く作る」を掲げています。トマトもメロンも、甘くて濃いです。トマトの味をご存知の方は、メロンにも濃さと甘さをご期待いただければと思います!

カレーの方は、お中元をはじめ贈答にもオススメの6個セット専用ボックス入りです。 メロンもカレーもご注文お待ちしております。

大町さん、豪華な昼メシと、お仕事ぶり、ごちそうさまでした。